ハイドロキノン ニキビ跡 赤み

ハイドロキノン配合のニキビ跡対策化粧水ランキング


ハイドロキノンのニキビ跡の赤みに対する効果とは?

ハイドロキノンとは、肌の漂白剤と言われているほど美白の効果が絶大な成分です。


その効果が強すぎて使用できる量が規制されているほどです。



肌の漂白剤として美容界で多く使われているハイドロキノンはもちろんニキビ跡の赤みに対してもばっちり効果はあります。


ニキビ跡の赤みを無くしていくためにはニキビの炎症を抑えたり、ターンオーバーを正常にする必要があります。



ですがそれと同時に肌を美白してあげないといけません!


そこでハイドロキノンはその肌を美白してあげる部分でとても大活躍してくれるのです。


あれだけ赤みをおびて肌に存在感を残していたニキビ跡の赤みもハイドロキノンでケアしてあげることでみるみるうちに消えてなくなります。



なのでハイドロキノンがニキビ跡の赤みに対する効果はある♪ということです。


もちろん肌の状態も同時に整えてあげたりすることも大切になります。


お肌のゴールデンタイムにしっかりと質の良い睡眠を取ってあげることも肌の状態を整えるためには必要です。



このようにハイドロキノンでニキビ跡の赤みに働きかけながら、毎日の生活の中で改善できることを改善してあげるだけで十分効果があります。



ニキビ跡の赤みは放置したらするほど、悪化してしまったり、治りが遅くなったりするので、できるだけそれは避けるようにしっかりとケアしてあげましょう!



ハイドロキノンのニキビ跡の色素沈着に対する効果とは?


ニキビ跡の色素沈着は、しみやそばかすと同じケアをしてあげるとどんどん消えていきます。



そして近年美容界でしみやそばかす対策として注目されている"ハイドロキノン"


ハイドロキノンはしみやそばかすだけではなくて「ニキビ跡の色素沈着」にもしっかりと効果を出してくれるのです!



まずニキビ跡の色素沈着はニキビの炎症によって、活性酸素が発生します。


その活性酸素から肌を守るためにメラニンが作られて、そのメラニンが色素沈着として肌に残ってしまいます。



このメラニン・・・しみやそばかすの原因でもありますね!


つまりしみやそばかすの治療として多くの場で用いられているハイドロキノンは同じようにニキビ跡の色素沈着にも効果があるということです。



では実際にハイドロキノンの働きはどのようなものでしょうか?



ハイドロキノンはメラニンを作るのを抑えます。


そして抑えるだけではなくて、もう出来てしまっている色素沈着にまでしっかりと働きかけて徐々にその色素沈着を消していきます。



だからハイドロキノンがニキビ跡の色素沈着やしみ・そばかすに効果があるのです。



色素沈着の元となるメラニンを作らせない、そして直接働きかけるのでもうニキビ跡の色素沈着で悩むことはなくなります♪



ハイドロキノンのニキビ跡のクレーター対する効果とは?


ハイドロキノンとはメラニンの生成を抑制する働きがあります。


そのため、ニキビ跡の色素沈着やしみ・そばかすなどには満足できる効果を発揮します。


また、ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われているほど美白効果もあるので、ニキビ跡の赤みにも効果があると言われています。



が、しかしニキビ跡のクレーターはそのメラニンや美白の効果があれば解決できる状態ではありません。



ニキビ跡のクレーターを治すにはターンオーバーを正常にすることが大事です。


なのでハイドロキノンでそのターンオーバーを正常に出来るかというとそれは違います。



つまりハイドロキノンはニキビ跡のクレーターに対する効果はあまり期待できないことになるのです。



ハイドロキノンやプラセンタなど美容成分はそれぞれ得意分野があります。


たまたまハイドロキノンがニキビ跡のクレーターに対して得意分野ではなかったという事です。



ハイドロキノンが全く無意味な成分になるというわけではいので勘違いはしないでください。



ただ先ほども言ったようにハイドロキノンで期待できる効果は主に美白効果です。


なので、肌がでこぼこしてしまっているニキビ跡のクレーターには残念ながら効果が見込めないのが現状となります。