ビタミンc誘導体 ニキビ跡 赤み

ビタミンc誘導体配合のニキビ跡対策化粧水ランキング


ビタミンc誘導体のニキビ跡の赤みに対する効果とは?

肌の万能薬と言われているビタミンCをさらに肌に取り入れやすく改良されたのが"ビタミンc誘導体"です。



そのビタミンc誘導体には「抗酸化作用」「消炎・抗炎症作用」「新陳代謝促進」「色素沈着を防ぐ」「皮脂分泌をコントロール」などあらゆる効果があります。


これらの効果がニキビ跡の赤みに対してとても効果を発揮するのです!



まずニキビ跡の赤みは肌がニキビによって炎症を起こしている状態です。


なのでビタミンc誘導体の消炎・抗炎症作用はとても大事な役割を果たしてくれます。



炎症を抑えたニキビ跡の赤みに次に必要なのはターンオーバーを整えて、古い角質を無くて肌を新しくすることです。


これはビタミンc誘導体の新陳代謝促進が役割を果たします。


肌の新陳代謝促進される事でターンオーバーは正常になり、新しい肌を作ることができます。



このようにニキビ跡の赤みを無くすために必要な働きをビタミンc誘導体1つで行ってくれるのです。


他にもビタミンc誘導体には嬉しい働きがあり、肌を美白してあげます。



美白へと働きかけることによって赤みはさらに効率よく薄くなり、消えるのも早くなります!


また肌への潤いも欠かさず与えてくれるので、潤いで満たされた肌はニキビ跡の赤みの原因となるニキビすら出来なくなります。



どうでしょうか?


ビタミンc誘導体がいかにニキビ跡の赤みに効果的なのがわかりますね。



これからはビタミンc誘導体でニキビ跡の赤みケアも始めてみませんか?



ビタミンc誘導体のニキビ跡の色素沈着に対する効果とは?


ニキビ跡の色素沈着を消すためには肌の状態を整えてあげたり、肌を保湿してあげたり、酸化させないようにしたり・・・と肌に対してたくさんの働きが必要になります。



そこで!ニキビ跡の色素沈着に良いと言われているビタミンc誘導体は実際にその働きをしてくれるのか1つ1つ確認してみましょう。


@新陳代謝を促す

 →ビタミンc誘導体によって色素沈着が促されることで、ターンオーバーが正常に。

  そして肌の古い角質と一緒に色素沈着も落としてくれる。


A皮脂分泌をコントロールで常に肌の保湿状態が良い

 →皮脂が多すぎず、少なすぎず適度な状態で保つことが出来るので、乾燥肌が引き起こることがない。

  肌は常に潤っている状態になる。


Bメラニンの働きを抑える抗酸化作用

 →メラニンが活発に働いてしまうことで色素沈着が悪化してしまうことも・・・

  そこでビタミンc誘導体はそのメラニンを作らせない働きをするので実質色素沈着を作らせるのを防ぐ。



このようにビタミンc誘導体がニキビ跡の色素沈着に効果があるのは一目瞭然!!


ビタミンc誘導体の凄いところはニキビ跡の色素沈着を無くすことだけで終わらないところ♪



コラーゲン生成を促して肌にハリを取り戻したり、美白作用で美しく透き通る肌にしたり、肌トラブルに負けない強い肌を作ったりと良いこと尽くしです♪


こんなにも、優れもののビタミンc誘導体の力をまだ借りていない人はもったいない!



ニキビ跡の色素沈着を無くして、美肌を手に入れたいなら"ビタミンc誘導体"がカギです♪



ビタミンc誘導体のニキビ跡のクレーターに対する効果とは?


ニキビ跡のクレーターは、ニキビによって肌が炎症してそれによって大きく肌がダメージを受けている状態です。


だから他のニキビ跡よりも治りにくくなっているのです。



そんなニキビ跡のクレーターですが、しっかりケアしてあげることでセルフケアでもだいぶ目立たなくすることは可能です!


その際に必要となってくるのが"ビタミンc誘導体"の力です。



ビタミンc誘導体は抗炎症効果があって、ニキビの炎症を抑えてくれます。


肌の炎症を抑える。これがニキビ跡のクレーターを無くすための第1歩です。



そして次に必要なのがターンオーバーです。


ターンオーバーは肌の古い角質を取り除くだけではなくて、新しい肌を作ってくれます。


新しい肌が作られる事でダメージを受けた部分がなくなっていくのがクレーターも徐々に徐々に目立たなくなっていきます。



またこれ以上クレーターを作らせないために保湿が大切です。


なんで保湿?と思うかもしれませんが、肌がしっかりと保湿されていると肌トラブルが起こることがありません。


つまりニキビ跡のクレーターの原因であるニキビが出来なくなるのです。



原因を作らないこともまたニキビ跡のクレーターを無くしていくためには必要になってきます!



ニキビ跡のクレーターは皮膚科やクリニックに通わないといけない!という人も中にはいますが、ビタミンc誘導体の力を借りる事でその必要もなくなる可能性もありますよ♪